三田幼稚園の教育方針

  1. 幼児に必要な援助・指導をその個人差に応じて行うとともに、自主的・自発的な活動を促し自立の態度を養うようにする。
  2. 基本的な生活習慣と正しい社会的態度を育成し、豊かな情操を養い、道徳性の芽生えを培うようにする。
  3. 自然および社会の事象について、興味や関心を持たせ、思考力の芽生えをつちかうようにする。
  4. のびのびとした表現活動を通して、創造性を豊かにするようにする。
  5. 人の話を聞く正しい態度を養うとともに、人にわかることばを使おうとする意欲を育て、言葉の正しい使い方を身につけるようにする。
  6. 家庭との連絡を密にし、家庭における教育と相まって教育の効果をあげるようにする。

わたしたちが最も大切にしたいこと

今、私たちが最も細心の注意を払わねばならない事は「安心」、「安全」です。どんなに理想の教育目標を掲げてみても安全な環境と安心して預けらる信頼がなけらば、決して良い結果は生まれないことでしょう。

「安心」「安全」の基盤のもと幼児たちの自主的・自発的な行動を促し、そこに新しい発見を見いださせることにより、未来への貴重な経験がつまれていくことになると考えています。そんな積み重ねから幼児の個性を見つけ出し伸ばしていけたらと願っています。

「できない」と言う幼児には手を貸して一緒になって取り組み、そしてうまくできたときに一緒に喜び、感動するのです。

 幼児の目がきらきらと輝く瞬間です。

この瞬間を私たちは最も大切にしたいと考えています。

教育の目標

  1. あいさつができる。
  2. 清潔の習慣が身についている。
  3. だしたものはかたづける。
  4. 衣服の着脱ができる。
  5. 言いたいことがはっきり言える。
  6. 物を大切につかう。
  7. 最後までやりとげる。
  8. 約束を守る。
  9. 集中して先生の話が聞ける。
  10. たくさんの友達と遊べる。
 のぞみ君の写真
幼稚園の玄関前にある子供達の慈愛と希望を与える 「のぞみ君の像」

 

三田幼稚園では、年少・年中は1クラス2名の複数担任制をとり、異文化に触れる、楽しい英語教室や豊富な創作活動を取り入れ、誰からも愛される事のできる人、強くたくましく、自分の考えで行動できる人、そんな人を育てる教育が三田幼稚園の教育目標です。