本文へスキップ

こもりやスクールは平成の寺子屋を目指します。

国際大会(2008年)

第9回 洲際珠算競技大会 in 台湾

2年に1度開催されている国際競技大会に、こもりやスクールは、今年も出場いたしました。 今回は、台湾が会場です。

参加国は台湾、アメリカ、ブラジル、シンガポール、日本です。珠算競技会には、幼稚園生から高校生まで総勢400人。

うち、日本からは28人が競技に参加しました。そろばん競技は数字ですから、言葉の壁はありません。

各国から来た生徒さんたちは、そろばんを通して交流しました。

言葉はあまり通じなかったようですが、それでもみな、お友達をたくさんつくったようです。

国際珠算競技大会では、各国の生徒が同じ問題を使って計算の速さや正確さを競います。

結果は、台湾の圧勝でしたが、日本の選手もみながんばりました。

読上げ暗算・読上げ算は、英語・中国語・ポルトガル語・日本語と多彩です。

いろいろな国の人たちがそろばんを学んでいることを実感しました。

日程:2008年7月26日〜7月29日

訪問先:中華民国 剣湖山王子大飯店(剣湖山プリンスホテル)・台北

日本選手団:こもりやスクールの生徒さんを含め28人の小中高校生、引率教師19名


 第9回 洲際珠算競技大会 第9回 洲際珠算競技大会 第9回 洲際珠算競技大会
成田空港から出発しました。こもりやスクールから4人の生徒さんが参加しました。みんなワクワクしていました。 JALで台北まで3時間30分の旅でした。 競技会がおこなわれた剣湖山プリンスホテルです。
 第9回 洲際珠算競技大会 第9回 洲際珠算競技大会 第9回 洲際珠算競技大会
珠算競技会の会場入り口です。花がたくさん飾られて、とてもきれいでした。 国際珠算競技大会の様子です、各国の選手はみな同じ問題を使って競います。400人の選手と関係者や選手の家族で、会場は熱気にあふれていました。 読上げ暗算・読上げ算は、英語・中国語・日本語・ポルトガル語でおこなわれました。
第9回 洲際珠算競技大会 第9回 洲際珠算競技大会 第9回 洲際珠算競技大会
選手に贈られるトロフィーです。金賞と銀賞があります。 各国の生徒さんのエンターテイメントショーです。日本は東京の呑竜そろばん教室の生徒さんがはっぴ姿で踊り大好評でした。 大会会場にて、日本選手団、勢ぞろいです
第9回 洲際珠算競技大会 第9回 洲際珠算競技大会 第9回 洲際珠算競技大会
台湾に台風が上陸したため、一部の工程が中止になり残念でした。写真は、台北市内の景色です。   台北市内観光もしました。写真は忠烈祠の儀丈兵の交代式です。 あっという間の3泊4日でした。けがや病気もなく、みな元気に帰国しました。そろばんを通した国際交流は一生忘れられないものになるでしょう。