やなぎや遊水亭本店がある茨城県古河市のそばには渡良瀬川が流れております。
商号の由来でもある美しい渡良瀬川の情報を集めてみました。

水源は、群馬県と栃木県の県境にある「皇海山(すかいさん)」です。水源から多数の支川と合流し渡良瀬遊水地から古河市の南で利根川に合流しています。

渡良瀬川では地形の問題からたびたび洪水の被害を受けました。それと足尾銅山事件では、鉱毒が流れ込み田畑や住民に被害が及ぶ事件もありました。

広大な渡良瀬流域は、関東地区の内陸部に位置し内陸性気候の性質を持っている為、渡良瀬川流域では「夏は暑く冬は寒い」気候となっております。

 

古河市の西に位置する渡良瀬川下流には「渡良瀬遊水地」があります。

渡良瀬遊水地には、ボードセイリング・カヌー・ボート等の水上スポーツや、野球・テニス・サッカー・サイクリング等、広大な土地を生かし、活気あふれる場所となっています。

湖に面した多目的広場では、シーズンの各種イベントが行われています。また、子供たちが自然と触れ合いながらのびのびと遊ぶ事ができ、ご家族でのピクニックにも最適です。

足尾高山の公害、廃村になった旧谷中村の史跡・水塚や役場跡・雷電神社跡・延命院跡・谷中墓地などの史跡等、歴史を堪能できます。

TOPに戻る